型吹き紫色割瓢形徳利
江戸時代
1722-1844年
日 時 2017年9月16日(土)  13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合がございます。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
講 師 東 容子さん(MIHO MUSEUM 学芸員)
参加費 聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 50名 要申込
問合せ・申込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
大気の神、シュウ
エジプト、前1000年頃
古代オリエント博物館
科学が発展する以前、ひとびとは世界の仕組みやもののはじまりについてさまざまに考え、物語として語り伝えてきました。それを私たちは神話と呼んでいます。世界のはじまり、人間の誕生と死のはじまり、そして火や食べ物のはじまりなど、世界のはじまりの物語をみながら、神話のはじまりを人類の誕生と移動の旅から考えてみましょう。

日 時  平成29年(2017)年8月26日(土)  13:30-16:00
講 師  松村 一男(和光大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
ライオンと闘う英雄(円筒印章)
イラク、前2200 年頃
平山郁夫シルクロード美術館
紀元前2 千年紀前半に記された『ギルガメシュ叙事詩』は、ギルガメシュとエンキドゥとの友情を印象深く語っています。後の旧約聖書やホメーロスの叙事詩にも、悲しくも美しい友情が描かれてゆきます。それらは友の死という共通テーマに、それぞれの文化的特色が加えられています。こうした友情物語を、個が自覚され始める人類精神史の一段階として考えてみましょう。

日 時 平成29年(2017)年7月23日(日)  13:30-16:00
講 師 月本 昭男(古代オリエント博物館館長)
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費 聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
2017年4月05日
世界遺産に見るオリエントの今
日 時  平成29年(2017)年6月3日(土)  14:00-16:00
講 師  岡田 保良(国士舘大学イラク古代文化研究所所長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
2017年4月05日
化学分析が明らかにしたサーサーン・ガラス
日 時  平成29年(2017)年5月13日(土)  13:30-16:00
講 師  阿部 善也(東京理科大学理学部講師)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
2016年12月14日
オリエントの数学の歴史と算術(和算)入門
岡山県博物館協議会25周年記念 加盟館交流事業

岡山県博物館協議会25周年を記念して、各館の学芸員や職員が、いつもと違う博物館でお話しする交流事業を開催しています。オリエント美術館では、池田動物園と津山洋楽資料館の方に講演をしていただきます。
第二弾は、津山洋学資料館の大倉館長に、日本で独特の発達をとげた和算について紹介いただきます。また、古代オリエントの数学の起源についても、当館学芸員がお話しします。

日 時  平成29年(2017)年2月11日(土)  13:30-16:00
講 師  大倉 淳一(津山洋学資料館館長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 無料
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2016年12月14日
オリエントの工芸品に描かれた動物たち
岡山県博物館協議会25周年記念 加盟館交流事業

岡山県博物館協議会25周年を記念して、各館の学芸員や職員が、いつもと違う博物館でお話しする交流事業を開催しています。オリエント美術館では、池田動物園と津山洋学資料館の方に講演をしていただきます。
第一弾は、オリエントの工芸品に表された動物たちについて、池田動物園の赤迫さんにお話しいただきます。動物たちの生態を知れば、作品に秘められた人々の思いに近づけるかもしれません。

日 時  平成29年(2017)年2月4日(土)  13:30-16:00
講 師  赤迫 良一(池田動物園総務部長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 無料
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2016年12月14日
オリエントのおしゃれ・あれこれ
日 時  平成29年(2017)年2月18日(土)  13:30-16:00
講 師  宮下 佐江子(古代オリエント博物館研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  50名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2016年5月26日
文明自慢講座「中南米と私~中南米の楽しみ方」
BIZEN中南米美術館
幼少期に中南米世界と出会った森下館長。これまで半世紀以上に渡り関わって来たその魅力をお話しいただきます。①幼少期の体験~美術館設立の経緯 ②中南米で学んで、暮らして ③目からウロコの古代中南米 ④中南米の楽しみ方。

日 時 2016年9月10日(土) 13:30-16:00
講 師 森下 矢須之(BIZEN中南米美術館館長)
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 80名 要申込

問い合せ、お申し込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 メール orient@city.okayama.jp
2016年5月26日
文明自慢講座「『密林に消えた謎の文明』の実像」
パレンケ
マヤ文明のセンター
メキシコ、800-400年頃
古代マヤ文明については、長い間「密林に消えた・・・」といった類の枕詞が付されて語られてきました。しかし、マヤ考古学研究が始まってすでに一世紀以上が過ぎ、新しい発見や研究は古代マヤ世界の実像についてかなり正確に把握することができるようになっています。文明の生成には不適と考えられた環境下で栄えた古代マヤ世界を通じて人類社会の多様性についても考えてみましょう。

日 時 2016年7月9日(土) 13:30-16:00
講 師 寺崎 秀一郎(早稲田大学文学学術院教授)
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 80名 要申込

問い合せ、お申し込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 メール orient@city.okayama.jp
2016年5月26日
文明自慢講座「古代アンデスにおける神殿と都市」
エル・パラシオ遺跡
ワリ帝国の地方センター
ペルー、7-10世紀
南米大陸西部に繁栄した古代アンデス文明。それは世界の古代文明の中で唯一文字を持たず、また製鉄技術も、車輪も、釉薬もありませんでした。いったいアンデスではどのように文明が形成され、どのように都市化が進んでいったのでしょうか。最近の発掘データを基に解説いただきます。

日 時 2016年7月2日(土) 13:30-16:00
講 師 渡部 森哉(南山大学教授)
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 80名 要申込

問い合せ、お申し込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 メール orient@city.okayama.jp
2016年4月19日
工芸の源流をもとめて ー中国・朝鮮に渡った工芸家」
日 時  平成28年(2016)年6月11日(土)  13:30-16:00
講 師  木田 拓也(東京国立近代美術館工芸館主任研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2016年4月19日
造形思考でたどる工芸の近代
日 時  平成28年(2016)年5月14日(土)  13:30-16:00
講 師  今井 陽子(東京国立近代美術館工芸館主任研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2016年5月26日
文明自慢講座「オリエントの文明の考え方」
エブラ
シリアに栄えた古代都市
前3千年紀
メソポタミアは世界で一番早くに文明が興りました。でも、文明ってなんだろう?国家?とし?階層的な社会?文明の始まりについてのいろいろな考え方を、西アジアを中心に、中南米の研究と比べながら解説します。

日 時 2016年9月17日(土) 13:30-16:00
講 師 須藤 寛史(岡山市立オリエント美術館学芸員)
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 無料
定 員 80名 要申込

問い合せ、お申し込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 メール orient@city.okayama.jp
2016年9月07日
沙漠と文明 ベドウィンの生活と文化
日 時  平成28年(2016)年10月22日(土)  13:30-16:00
講 師  𠮷竹 めぐみ(写真家)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
藍釉黄道十二宮図
把手付壺
イラン
12-13世紀
春分を正月とするイラン暦は、ゾロアスター教の祭儀とも密接な関係があります。古代メソポタミア/イランの星座と暦に詳しい春田先生に、イランの暦の歴史について、詳しく解説いただきます。

日 時  平成28年(2016)年3月19日(土)  13:30-16:00
講 師  春田 晴郎(東海大学文学部アジア文明学科教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
開催中の小企画展「文字のはじまり」にちなみ、ヒエログリフ教室を開講します。
古代エジプト史とヒエログリフを読むための知識を習得、個別指導を受けながら、単純な読み書きができるようになることを目的とします。
さいごは、展示中の作品のヒエログリフが読めるようになります!?

日 時 平成28(2016)年2月27日 土曜日、28日 日曜日 13:00-16:00 ※2日間のコースです
    1日目 古代エジプト略史と文字のあらまし
        古代エジプトの文字
    2日目 ヒエログリフの基礎
        展示室内の「なまヒエログリフ」を読もう

場 所 岡山市立オリエント美術館 地下講堂
定 員 中学生以上、40名(先着順)
講 師 小山雅人さん(エジプト学研究家)
受講料 3,000円(友の会会員・学生は2,500円)+入館料(団体料金)
    ※2日間のコース料金です。 ※1日分の料金設定はございません。

講 師 小山 雅人(こやままさと)さん エジプト学研究家
    1950 年生まれ 京都市在住
    24 歳の時,ヒエログリフを学ぶため渡仏。通訳・翻訳アルバイトをしながら,象形文字エジプト語他を学ぶ。
    古代エジプト史の勉強のつもりで象形文字を学び始めたが,教訓や物語,弁論や恋歌など,古代エジプトの文学作品に魅せられた。
    帰国後は,埋蔵文化財の発掘調査・考古学を仕事とする一方,エジプト文学の研究も続け,多数の論文を発表している。

問い合せ、お申し込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 メール orient@city.okayama.jp
 FBページ https://www.facebook.com/events/1686215594980262/
カマン・カレホユック遺跡
トルコのカマン・カレホユック遺跡には、約一万年におよぶ文化が埋もれ、数十の古代の町が埋積しています。この遺跡調査を、30年にわたって指揮している大村先生は、上から一つ一つ古代の町を掘り下げ、『文化編年の構築』、つまり『年表』を作成し続けています。何故このような作業を長期間にわたって行ってきたのか、そして、それが日本にとってどのような意味を持つのかについてお話しいただきます。

日 時  平成28年(2016)年4月2日(土)  13:30-16:00
講 師  大村 幸弘(中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所所長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

facebook ページ
https://www.facebook.com/events/457069621168899/
講 師 飯島章仁(岡山市立中央図書館学芸副専門監)、猪原千恵(岡山空襲展示室学芸員)
    四角隆二(当館副主査学芸員)、須藤寛史(当館副主査学芸員) 
日 時 平成27年(2015)年12月12日(土) 13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合があります。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 無料
定 員 80名
問合せ 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
講 師 高原洋一さん(版画家)、高原彩子さん(版画家)、飯島章仁(岡山市立中央図書館学芸副専門監)
日 時 平成27年(2015)年12月5日(土) 13:00-16:00 ※終了時間は前後する場合があります。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費 800円(入館料込み。同伴の保護者も必要です。)
定 員 小学生とその保護者、10組20名程度
問合せ・申込み 公益財団法人岡山市スポーツ・文化振興財団 TEL 086-232-3636
        ※11月21日までにお申し込みください。
クッリ式土器
パキスタン
紀元前2200-2000年頃
古代オリエントの彩文土器に描かれた独特の模様は、現代の私たちが見ても魅力のあるものばかりです。本ワークショップでは、小企画展「彩文土器のメッセージ」に因んで、オリエント美術館に展示されている彩文土器を参考に、本物そっくりに作られた無地の器に、絵付けを施していきます。古代オリエントの彩文土器を再現してみませんか?

●器は講師の白石さんが作られたものを使います。
●本物そっくりの模様でも、自由なデザインで描いてもOK!土器職人になりきって、絵付けに挑戦しましょう。
●作品は、後日焼成し、お渡しします。
●親子での参加も大歓迎!

講 師 白石 齊さん(陶芸家)
日 時 平成27年(2015)年11月22日(日) 1回目 10:00〜 / 2回目 13:30〜
会 場 岡山市立オリエント美術館
参加費 2,500円(中学生以下は2,000円)+入館料
定 員 各回15名程度 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年9月05日
特別展「香りのシルクロード」ワークショップ ハーブティーの入れ方、楽しみ方教室
講 師  石村志津子さん(株式会社 夢百姓)
日 時  平成27年(2015)年10月24日(土) 13:30〜
              11月7日(土) 13:30〜 
会 場  岡山市立オリエント美術館
参加費  500円
定 員  各回10名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
世の中には様々な「香り」や「匂い」があります。その感じ方は人それぞれに異なり、また、 環境や文化によっても異なります。特別展「香りのシルクロード-古代エジプトから現代ま でー」は、人類がこの「香り」や「匂い」をどのように考え、どのように利用してきたのか、を紹介しています。この特別講演会では、特別展を企画した二人の学芸員が、香りにまつわる文化と展示の見どころ を親しみやすく解説します。

講 師 津村眞輝子さん(古代オリエント博物館研究部長)
    四角 隆二(当館副主査学芸員)
日 時 平成27年(2015)年11月3日(火・祝) 13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合があります。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年9月05日
特別展「香りのシルクロード」特別講演会 香りを感じる鼻と脳 その神秘的な嗅覚のしくみ
近年、科学的に明らかになりつつある、嗅覚の仕組みと脳の知覚について、詳しく解説していただきます。

講 師 東原和成さん(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)
日 時 平成27年(2015)年10月31日(土) 13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合があります。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年9月05日
ワークショップ 古代エジプトの香り キフィを作ろう!
講 師  浜村 早苗さん(香り文化研究家)
日 時  平成27年(2015)年10月10日(土) 1回目 13:00〜 / 2回目 15:00〜
会 場  岡山市立オリエント美術館
参加費  入館料+2000円
定 員  各回8名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

※定員に達したため、募集を締め切りました
2015年9月05日
ワークショップ 匂い香を作ろう!
講 師  香老舗 松栄堂
日 時  平成27年(2015)年9月21日(月・祝) 1回目 13:00〜 / 2回目 15:00〜
              9月22日(火・祝) 3回目 11:00〜 / 4回目 13:00〜 
会 場  岡山市立オリエント美術館
参加費  入館料+1200円
定 員  各回15名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
岡山市立オリエント美術館×岡山県立大学デザイン学部 コラボ企画

「香りのシルクロード」展の展示作品を、参加者の皆さんにスケッチしていただきます。スケッチした作品は、岡山県立大学の吉津さんにより、「雑貨」へと変身し、11月1〜8日に展示いたします。その後、この雑貨を、参加者の皆様へプレゼントします(11月上旬発送予定)。

講 師  四角隆二(当館学芸員)、吉津果南さん(岡山県立大学学生)
日 時  平成27年(2015)年9月20日(日) 13:30-16:00
会 場  岡山市立オリエント美術館
参加費  入館料+500円(友の会会員は300円)
定 員  10組20名程度 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
ガンダーラ彫刻に描かれたトロイの木馬
トロイが陥落した木馬作戦を描いたギリシア神話は、実はガンダーラの仏伝浮彫にも表されています。詩と史実、ギリシア・ローマ神話と釈迦仏伝記、ギリシア美術と仏教美術、ギリシアとインド、西と東、シュリーマンが掘り出した世界の広がりにご案内いただきます

日 時  平成27年(2015)年8月29日(土)  13:30-16:00
講 師  芳賀 満氏(東北大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
ティリンス遺跡発掘報告書図版原画
世界的に有名なシュリーマンの原画が、本当に日本にあるものだろうか。この疑問から出発した講師の巽さんたちは、ギリシア、ドイツへと渡り、ティリンス遺跡原画に関する調査を続けてこられました。様々な事実が明らかとなっていく知的冒険に招待いただきます

日 時  平成27年(2015)年8月22日(土)  13:30-16:00
講 師  巽 善信氏(天理大学附属天理参考館学芸員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
ミケーネ発掘について講演するシュリーマン
トロイの発見で有名なシュリーマンの著書には、様々な脚色が含まれていたことが明らかにされています。しかし、ギリシア先史考古学という一つの学問体系を打ち立てた学術的功績は揺るぎません。シュリーマンの生涯をたどりながら、その功績の意義を解説いただきます。

日 時  平成27年(2015)年8月8日(土)  13:30-16:00
講 師  周藤 芳幸氏(名古屋大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2頭立て馬車の馬の出土状況
Photo by Prof. Dr. Diana Gergova
ブルガリア北部に位置するズボリャノヴォは、紀元前4~3 世紀の騎馬民族トラキア人の聖地で、ユネスコ世界遺産に登録されたスヴェシュタリを含む多数の古墳が築かれました。ディアナ・ゲルゴヴァ教授は2012 年、2つの古墳から、木箱に納められた黄金製装身具や二頭立ての馬車を発見し、世界の注目を集めました。このたび、国際文化研究所の招きで来日されるゲルゴヴァ教授に、この大発見について、そして精巧な黄金製品を残したトラキア人について、お話いただきます。

日 時  平成27年(2015)年6月20日(土)  14:00-16:00
講 師  ディアナ・ゲルゴヴァ氏(ブルガリア科学アカデミー上級研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
主 催  岡山市立オリエント美術館・岡山オリエント協会
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年4月01日
ハンムラビ法典の現代的意義
ハムラビ法典
約3800年前に43年もの間、バビロン王として君臨した王ハンムラビが編纂させたハンムラビ法典の「あとがき」には、後世の人に、人々に安寧と豊穣をもたらせた王、孤児や寡婦など社会的弱者を守る「正しい王」として認められることを願っていたことが記されています。法典の「条文」から垣間みえる当時の人々が直面した社会問題について、ハンムラビ法典研究の第一人者、中田一郎先生に解説いただきます。

日 時  平成27年(2015)年5月16日(土)  13:30-16:00
講 師  中田 一郎(古代オリエント博物館館長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年2月04日
シリア文化遺産の破壊と保護
サンシメオン
シリアが内戦状態に陥って4年近くが経過しました。この間に、多くの人々の命や日常の生活が奪われてしまいました。また同時に、シリアの豊かな文化遺産も危機的な状態に陥っています。シリアは文明の十字路とも呼ばれる位置にあり、様々な民族、文化、宗教が行き交い、奥深い歴史と文化を育んできました。本講演会では、シリア国立アレッポ博物館元館長のユーセフ・カンジョ博士に、シリアの文化遺産とその現状、戦乱の中でも文化遺産の保護に尽力しているシリアの人々、そして国際的な文化遺産保護活動について報告いただきます。

日 時  平成27年(2015)年3月7日(土)  13:30-16:00
ゲスト  ユーセフ・カンジョ(アレッポ博物館元館長<シリア>、国立民族学博物館研究員<大阪>)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年2月04日
文明の十字路、バローチスターン−岡山市立オリエント美術館所蔵資料の研究成果−
クッリ式彩文土器
2200-1900 BC
現在のパキスタン西部からイラン南東部に広がるバローチスターン地方は、西アジア、南アジア、中央アジアをつなぐ交通の要衝として歴史上重要な地域として知られています。それは先史時代においても同様であり、人だけでなくさまざまな物資や情報、文化が往来し、インダス文明とメソポタミア文明を結びつけていました。今回の講演では、当館が所蔵するバローチスターン地方の土器を素材として、前4千年紀から前3千年紀に華開いた西南アジア文明世界においてバローチスターン地方が果たした歴史的・文化的役割についてお話しいただきます。

日 時  平成27年(2015)年2月21日(土)  13:30-16:00
講 師  上杉 彰紀(関西大学非常勤講師)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2015年2月04日
古代文明ディルムンの起源を求めて バハレーン・ワーディー・アッ=サイル考古学プロジェクト
バハレーンの古墳
サウジアラビアの東、ペルシャ湾内にある群島からなる国バハレーンは古代にはディルムンと呼ばれ、メソポタミア文明とインダス文明を結ぶ重要な交易拠点でした。東京大学総合研究博物館安倍特任研究員は日本バハレーン考古学調査団の一員として2014年4月からはじまった「バハレーン・ワーディー・アッ=サイル考古学プロジェクト」に参加。ディルムン文明の起源を秘めるワーディー・アッ=サイル遺跡で調査研究を進めています。今回の講演会では現在進行中のプロジェクトについてお話しいただきます。

日 時  平成27年(2015)年3月28日(土)  13:30-16:00
講 師  安倍 雅史(東京大学総合研究博物館特任研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年11月28日
シンポジウム『児島虎次郎の見た世界』
日 時  平成26年(2014)年12月20日(土)  13:30-16:00
講 師  桝屋友子(東京大学教授)
     弓場紀知(兵庫陶芸美術館副館長)
     四角隆二(当館学芸員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
エジプト、アブ・シール南丘陵遺跡の発掘調査と保存修復
シリアのミグドルを攻撃するトトメス4世
早稲田大学古代エジプト調査隊は1991年以来、エジプト、アブ・シール南丘陵遺跡で調査を継続し、古代エジプト史において重要な数々の遺構を発見してきました。本発表では、最新の調査成果とともに保存修復など国際的な文化貢献についてもお話しいただきます。

日 時  平成26年(2014)年11 月15日(土)  13:30-16:00
講 師  河合 望 (早稲田大学高等研究所 准教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
エジプト発掘最前線―文明形成前夜の遺跡ヒエラコンポリスを掘る!
世界最古のビール醸造施設の発掘
(エジプト、ヒエラコンポリス遺跡)
ヒエラコンポリス遺跡はエジプト初の都市とされる遺跡です。最近の調査では世界最古のビール醸造址と思われる証拠が発見されました。文明以前のエジプト、先王朝時代研究の最前線を紹介いただきます。

日 時  平成26年(2014)年10月25日(土)  13:30-16:00
講 師  馬場 匡浩 (早稲田大学文学学術院 助教)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
オアシスに息づく古代エジプト ―アル・ザヤーン神殿遺跡の調査
アル=ザヤーン神殿
ナイルに育まれた古代エジプト文明。その広がりはこの大河から170kmも離れたオアシスにまでおよんでいました。ハルガ・オアシス、アル・ザヤーン神殿遺跡の謎を様々な調査方法を用いて解明していく様子を紹介いただきます。

日 時  平成26年(2014)年10月18日(土)  13:30-16:00
講 師  古川 桂 (大阪観光大学 非常勤講師)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
来世の値段―古代エジプトの葬儀事情―
副葬品を運ぶ人々(テーベ西岸 ラモーセの墓 第18王朝)
古代エジプトといえば、美しい壁画の墓やミイラ作り、きらびやかな副葬品の数々で知られています。こうした葬儀に関わるものは、どれくらいの費用をかけて作られたのでしょうか。経済活動として捉えた古代エジプトの葬儀から見えてくるものを解説いただきます。

日 時  平成26年(2014)年10月4日(土)  13:30-16:00
講 師  和田 浩一郎 (サイバー大学世界遺産学部 専任講師)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
古代エジプト人の一生と神々&ヒエログリフ入門
古代エジプトの人々の暮らしが埋もれたデル・アル=マディーナ遺跡
古代エジプト人の一生には、常に神々が存在していました。本講演では、古代エジプトに生きた人々の誕生からあの世への旅立ちまでをたどりながら、古代エジプト文化を紹介いただきます。後半は、皆さんに古代エジプトの文字ヒエログリフに挑戦いただきます。

日 時  平成26年(2014)年9月27日(土)  13:30-16:00
講 師  田澤 恵子 (古代オリエント博物館 研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年8月15日
テーベ西岸の調査とコンスウエムヘブ墓の発見
2013年12月末に新発見されたコンスウエムヘブ墓内部
2014年の年明けに大発見のニュースが駆け巡りました。テーベ西岸アル=コーカ地区の調査で色鮮やかな彩色墓が発見されたのです。早稲田大学によるこの岩窟墓の調査を紹介いただきます。

日 時  平成26年(2014)年9月20日(土)  13:30-16:00
講 師  近藤 二郎 (早稲田大学文学学術院 教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
村治さんは、長い時間をかけてエジプト各地の遺跡をご自身で訪問されている稀有な研究者です。現在の不安定な政治情勢によって、日本人から遠ざかってしまいつつあるエジプトの魅力を思い出し、興味を持っていただく機会になるよう、古代エジプトのすばらしい壁画とその込められた思いについて紹介いただきます。

日 時  平成26年(2014)年8月30日(土)  14:00-16:00   ※開始時間がいつもより遅くなっています。ご注意下さい。
ゲスト  村治 笙子(エジプト壁画研究家)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年5月31日
ユニセフ夏休み子どもセミナー
オリエント美術館の展示ツアー(学芸員の解説付)と、ユニセフミニ講座でシリアのことを知り、ユニセフの支援の様子を学びます。

日 時  ①平成26年(2014)年8月12日(火) 10:00-12:00
     ②平成26年(2014)年8月27日(水) 10:00-12:00  ※この回は中止となりました。
会 場  岡山市立オリエント美術館
参加費  入館料のみ (小中学生100円)
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
吉竹さんは、シリアの遊牧民、ベドウィンの撮影をライフワークにする写真家です。ベドウィンのキャンプに住み込みながら撮影された写真をお見せいただきながら、私たちとはまったく違うベドウィンのライフスタイルを紹介いただきます。
お話のあとは吉竹さんと参加者の皆さんとのおしゃべりタイム。みんなで話せば新たな発見があるかもしれません。

日 時  平成26年(2014)年8月23日(土)  13:30-16:00
     美術館通信7・8月号に、日程を誤って記載していましたが、正しくは上記日程です。
     大変失礼いたしました。

ゲスト  吉竹 めぐみ(写真家)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  入館料のみ  一般300円、高大生200円、小中学生100円
     満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
アラビア文字は神の言葉を記すための文字です。難しそうだけど美しいアラビア文字の世界を覗いてみませんか。

日 時  ①平成26年(2014)年8月16日(土) 10:00-12:00
     ②平成26年(2014)年8月16日(土) 14:00-16:00
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
講 師  マイ・ハーミッド(アラビア書道愛好家、エジプト出身)
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年5月31日
シリア・トーク シリアの文化遺産とその保護活動
台風のため、中止いたしました。

ユーセフ・カンジョさんはシリア・アレッポ国立博物館館長で、昨年から来日中です。シリアの文化遺産の現状と、戦乱の中で行なわれている保護活動についてお話しいただきます。
お話のあとはカンジョさんと参加者の皆さんとのおしゃべりタイム。みんなで話せば新たな発見があるかもしれません。

日 時  平成26年(2014)年8月9日(土)  13:30-16:00
ゲスト  ユーセフ・カンジョ(国立民族学博物館研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  入館料のみ  一般300円、高大生200円、小中学生100円
     満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年5月31日
シリア・トーク 『異文化』の意識を忘れた日々—シリアで暮らした20年—
考古学者としてシリアに長年暮らしてきた山崎さんに、シリアの生活文化について紹介いただきます。
お話のあとは山崎さんと参加者の皆さんとのおしゃべりタイム。みんなで話せば新たな発見があるかもしれません。

日 時  平成26年(2014)年7月6日(日)  13:30-16:00
ゲスト  山崎 やよい(シリア女性自立支援プロジェクト「イブラ・ワ・ハイト」発起人)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  入館料のみ  一般300円、高大生200円、小中学生100円
     満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年5月31日
シリア・トーク シリアの遺跡発掘と調査隊の日々
1995年から毎年シリアで遺跡調査をしてきた当館学芸員が、シリアでの発掘と調査隊の日々の暮らしについてお話しします。
お話のあとは当館学芸員と参加者の皆さんとのおしゃべりタイム。みんなで話せば新たな発見があるかもしれません。

日 時  平成26年(2014)年7月12日(土)  13:30-16:00
ゲスト  須藤 寛史(当館副主査学芸員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  入館料のみ  一般300円、高大生200円、小中学生100円
     満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年5月31日
シリア・トーク 世界遺産パルミラ遺跡とその現状
西藤さんは、世界遺産パルミラ遺跡で長年発掘調査を指揮し、世界的な成果をあげてこられました。
パルミラ遺跡を紹介いただき、現在どのような状態になっているのか、お話しいただきます。また5月に開催されたシリア文化遺産保護に関する国際会議の様子も報告いただける予定です。
お話のあとは西藤さんと参加者の皆さんとのおしゃべりタイム。みんなで話せば新たな発見があるかもしれません。

日 時  平成26年(2014)年7月19日(土)  13:30-16:00
ゲスト  西藤 清秀(奈良県立橿原考古学研究所付属博物館技術アドバイザー)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  入館料のみ  一般300円、高大生200円、小中学生100円
     満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
定 員  30名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
2014年4月18日
文化遺産の保護と国際貢献—アフガニスタン、シリアの事例より—
日 時  平成26年(2014)年5月10日(土)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  山内 和也(東京文化財研究所地域環境研究室長)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

世界各地の文化遺産は、たくさんの人々が訪れ、多様な人類の歴史や文化を私たちに伝えてくれる一方、様々な要因で破壊の危機に瀕するものも多くあります。バーミヤン遺跡をはじめ、世界各地で多数の文化遺産保護活動の従事されている山内和也さんに、アフガニスタンやシリアなどにおける文化遺産保護活動、日本の文化的国際貢献について紹介いただきます。
2014年3月11日
イラク・クルディスタン、よみがえった遺跡調査の日々
イラク・クルディスタン、テル・ベグム遺跡の発掘
Excavation at Tell Begum, Iraqi Kurdistan
日 時  平成26年(2014)年4月20日(日)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  小髙 敬寛(東京大学総合研究博物館特任研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

20世紀半ば、人類の歴史を塗り替える発見が相次いだイラク北部クルディスタン地域は、度重なる戦禍によってその後半世紀のあいだ閉ざされてきました。しかし、急速な復興が進む昨今、欧米から多くの遺跡調査団が駆けつけるようになり、彼の地に眠っていた遺跡はふたたび考古学界の表舞台に立とうとしています。そうした調査のひとつに、昨夏日本から初めて参加した早稲田大学の小髙さんに、イラク・クルディスタンにおける遺跡発掘の様子をお話しいただきます。
2014年3月11日
ヒッタイト遺跡の発掘—鉄の起源を探る—
クシャックル遺跡
日 時  平成26年(2014)年3月29日(土)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  津本 英利(古代オリエント博物館研究員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

現在のトルコを中心に、今からおよそ3500年前に栄えたヒッタイト帝国は、鉄を生み出したことによって強大な帝国になったといわれることがあります。果たしてその実態はどうだったのでしょうか?ヒッタイトの地方都市遺跡クシャックル(古代名サリッサ)での発掘成果や、その他の最新の発掘調査•研究の成果から、ヒッタイト帝国の実像、そして鉄の起源や鉄器時代の始まりをめぐる議論について解説いただきます。
2013年10月22日
アンコール遺跡の保存修復とアジアの建築的特質
日 時  平成25年(2013)年11月23日(土)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  中川 武(早稲田大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
制作例
日 時  平成25年(2013)年11月2日(土) ①10:00-12:00 ②14:00-16:00
     平成25年(2013)年11月16日(土) ③10:00-12:00 ④14:00-16:00
講 師  須藤寛史(当館主任学芸員)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費  800円(材料費込み)
定 員  各回15名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

古代メソポタミアの書記になったつもりで、オーブン粘土に楔形文字を書いて、円筒印章を捺して、
本物みたいな楔形文字粘土板文書をつくってみよう。

スケジュール
1楔形文字についてのおはなし 30分
2粘土板文書の制作      60分
3粘土板文書を焼きます    30分
4作品のお渡し

※3の粘土板文書を焼いている間に、展覧会を鑑賞いただければと思います。ただし鑑賞料は別途必要です。
日 時  平成25年(2013)年10月26日(土)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  月本昭男(立教大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

本展の楔形文字資料を解読された古代オリエント学の碩学、月本昭男先生に、展示中の占い文書を紹介いただきながら、古代メソポタミアの占いの世界にご案内いただきます。
日 時  平成25年(2013)年10月19日(土)  13:30-16:00(終了時間は前後する場合があります)
講 師  井手康人(倉敷芸術科学大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円(友の会会員は300円)
定 員  80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

東京藝術大学の平山郁夫研究室で学ばれ、平山画伯のシルクロード旅行にも同行した日本画家、井手康人先生に平山画伯の画業とシルクロードへの想いについてお話しいただきます。
2013年6月12日
古代エジプトのガラス
日 時  平成25年(2013)年8月10日(土)  午後1時30 分から
講 師  山花 京子(東海大学准教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円 定員80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

古代エジプトのガラス研究において世界的な活躍をしている山花さんに、古代エジプトのガラスについてお話しいただきます。
2013年6月12日
フォーラム 「古代ガラス〜色彩の饗宴」
日 時  平成25年(2013)年7月21日(日)  午後1時30 分から
パネラー 谷一尚(本展監修者)、松島巌(ガラス作家)、迫田岳臣(倉敷芸術科学大学技術員・ガラス研究者)、並木秀俊(東京藝術大学助教・截金研究者)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円 定員80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

ガラス研究者とガラス作家4名のディスカッションにより、古代ガラスの謎にせまります。
2013年6月12日
ガラスの魅力を科学する
日 時  平成25年(2013)年7月20日(土)  午後1時から
講 師  中井 泉(東京理科大学教授)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円 定員80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

考古美術資料の制作に用いられた素材を調べる方法に、蛍光X線分析という方法があります。中井教授は特に、美術品を破壊せずにしかも高い精度で素材の成分を分析する方法を追究しています。本講演会ではガラスの化学分析によって新たに分かった最新成果についてご紹介いただきます。
2013年6月12日
古代ガラス史研究の最新の成果
日 時  平成25年(2013)年7月6日(土)  午後1時30 分から
講 師  谷一 尚(本展監修者)
会 場  岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料  500円 定員80名 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp

古代ガラス史研究の第一人者、谷一尚さんにより、ガラス研究の歩み、そして最新の研究動向を紹介いただきます。
サンシメオン
日 時  平成25年(2013)年6月15日(土)  午後1時30 分から
講 師  ユーセフ・カンジョ博士(シリア・アレッポ国立博物館館長)
会 場  岡山県総合福祉会館4階大研修室 岡山市石関町2-1
聴講料  300円(学生無料) 要申込
問合せ・申込み 岡山市立オリエント美術館 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.jp
日本西アジア考古学会ワークショップ「西アジア青銅器時代の葬制」第3回@岡山
「中央アナトリア、キュルテペ遺跡の葬制」

日 時:平成25年(2013)年3月16日(土) 午後1時から

プログラム:
 カイセリ県遺跡調査プロジェクト(KAYAP)について
  紺谷亮一(ノートルダム清心女子大学准教授)
 キュルテペ遺跡とその葬制
  フィクリ・クラックオウル(キュルテペ遺跡調査団長・アンカラ大学教授)
 アナトリア、前期青銅器時代の葬制
  山口雄治(徳島大学埋蔵文化財調査室特任助教)
 アナトリア、中期青銅器時代の葬制
  須藤寛史(岡山市立オリエント美術館主任学芸員)

会 場:岡山市立オリエント美術館地下講堂
参加費:無料
2012年12月13日
ヒエログリフへの招待
日 時:平成25(2013)年1月26日(土) 午後1時30分から
講 師:河合 望 早稲田大学文学学術院・非常勤講師
会 場:オリエント美術館地下講堂
聴講料:500円(友の会会員は300円)  定員80名 ※要予約
2012年12月13日
楔形文字を読む
日 時:平成25(2013)年1月19日(土) 午後1時30分から
講 師:唐橋 文 中央大学文学部・教授
会 場:オリエント美術館地下講堂
聴講料:500円(友の会会員は300円)  定員80名 ※要予約
2012年12月13日
アラビア文字とイスラーム美術
日 時:平成24(2012)年12月15日(土) 午後1時30分から
講 師:枡屋 友子 東京大学東洋文化研究所・教授
会 場:オリエント美術館地下講堂
聴講料:500円(友の会会員は300円)  定員80名 ※要予約