2017年10月21日
館蔵品展 オリエントの美に学ぶ
会期 2018年12月11日(火)〜次年度 – 11th DEC – the next year

約1万年前の農耕・牧畜開始をきっかけに、最古の文明を育んだオリエントは永く人類文明のトップランナーであり続けました。当館が所蔵する様々なジャンルの美術工芸品から、精神の発達と工芸技術の発達を読み解き、持続可能な発展と美の世界のあり方をひもときます。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日、年末年始(12月28日−1月4日)
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
      7月2日(月)〜7月13日(金)は特別展準備のため休館します。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※小企画展と共通
2018年4月10日
小企画展 ファイアンス-古代のハイテクセラミックス- Faience, Ancient Advanced Technology
シャブティ
エジプト、前1000年頃
会期:2018年12月11日(火)~2019年2月3日(日) 11th DEC 2018 – 3rd FEB 2019

ファイアンスは、西アジア・エジプトの古代遺跡から出土する、青緑色の工芸素材です。表面に釉薬状の皮膜を持つ「やきもの」の一種ですが、石英あるいは珪石の微細粒が主成分で、厳密には現代の「陶器」の定義には当てはまりません。新石器時代に出現し、特にエジプトで大きく発達しました。館蔵資料から、古代のハイテクセラミックス、ファイアンスの起源と展開を紹介します。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館。
      11月26日(月)〜12月10日(月)は館蔵品展および本小企画展準備のため休館します。
      12月28日(金)〜2019年1月4日(金)は、年末年始の休館となります。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通
2018年4月10日
小企画展 カフカズ・ネオリティ-東京大学アゼルバイジャン新石器遺跡調査2008-2015- Qafqaz Neoliti: Excavations of Neolithic Sites in Azerbaijan by the University of Tokyo
ギョイテペ遺跡
アゼルバイジャン
会期:2019年2月5日(火)~次年度 5th FEB 2019 – the next year

農業は今から11,000 年前ころの西アジアで始まり、周辺地域へ広がるとともに各地の社会に大きな変化を起こしました。その変化の一例を、東京大学はアゼルバイジャンでの発掘調査で明らかにしようとしています。人の暮らしの変化がどのように分かるのか。最新成果により解説します。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通
2018年11月22日
オリエン太のアトリエ
オリエントの歴史や文化に関連した、体験型ワークショップコーナー!
時間内であれば、いつでも参加できます。
参加費は展示室への入館料のみです。
小さなお子様でも楽しんでいただけるプログラムです。ぜひご家族でご参加下さい。

プログラム
円筒印章を作ろう!
ヒエログリフスタンプで遊ぼう!  など

日 時 2018年12月15日(土) 13:30〜15:30
会 場 岡山市立オリエント美術館展示室内
参加費 無料(入館料のみ)
対 象 全年齢 申し込み不要

※日程、内容が変更になる場合もございます。最新情報は、当館ウェブサイトやブログ、FBページなどでご確認ください。

<お問合せ>
岡山市立オリエント美術館
700−0814 岡山市北区天神町9−31
086−232−3636
orient@city.okayama.lg.jp
2017年1月17日
ギャラリートーク
当館学芸員が開催中の展覧会を皆様とともに鑑賞しながら解説します。

開催予定日

12月22日(土) 14:00〜

※1時間程度
日 時 2018年12月14日(金) 18:30開場 19:00開演 
出 演 天本由美(フラウト・トラヴェルソ)、上山摩希子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、本名洋子(チェンバロ)
    宇田川貞夫(ゲスト/ヴィオラ・ダ・ガンバ)
料 金 全席自由 前売り3,000円 当日3,500円
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
F.クープラン
「王宮のコンセール 第3番イ長調」
「新しいコンセール 第12番イ長調」
G.Ph.テレマン
「四重奏曲 ト長調 TWV43:G12」
J.S.バッハ(宇田川貞夫編曲)
「無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための組曲 ト長調 BWV1007〔ゲスト・ソロ〕」

※プログラムには変更が生じる場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・チケット取扱い
 岡山市立オリエント美術館 086−232−3636
 アルテゾーロ・クラシカ 086-224-6123
 長谷川楽器 086−225−2858
 岡山古楽アンサンブル https://koga-ku.jimdo.com/
日 時 2019年1月19日(土) 18:30開場 19:00開演 
出 演 アンサンブル フルーリサン 天本由美(フラウト・トラヴェルソ)、奥山裕司(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、平井礼子(チェンバロ)
    野口真紀(友情出演/ヴィオラ・ダ・ガンバ)
料 金 一般2,000円 友の会会員1,500円 大学生・高校生・中学生1,000円
    小学生以下無料
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
ルクレール:トリオ・ソナタ
F.クープラン:組曲第2番より
ボワモルティエ:トリオ・ソナタ 

※プログラムには変更が生じる場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・チケット取扱い
 岡山市立オリエント美術館 086−232−3636
 アンサンブル フルーリサン 事務局 090-4658-3900 (dolce.ice01@softbank.ne.jp)
日 時 2019年1月26日(土) 18:30開場 19:00開演 
出 演 櫻井茂(ヴィオル)、小川園加(クラヴサン)
料 金 全席自由3,000円 高校生以下1,500円
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
M.マレ:ヴィオルと通奏低音のための組曲ホ短調 迷宮 アラベスク
F.クープラン:ヴィオルと通奏低音のための組曲第2番イ長調
ダングルベール:クラヴサン曲集より ほか

※プログラムには変更が生じる場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・チケット取扱い
 岡山市立オリエント美術館 086−232−3636
 アルテゾーロ・クラシカ 086-224-6123
 ぎんざやプレイガイド 086-222-3244
 Email: terzapratica@gmail.com(小川)
日 時 2019年2月23日(土) 18:00開場 18:30開演 
出 演 川上徹(チェロ)、小島裕子(ピアノ)
料 金 一般4,000円 友の会会員3,500円(前売りは500円引)
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
ロベルト・シューマン:5つの民謡風小品Op.102
ゾルダーン・コダーイ:無伴奏チェロソナタ 作品8 
ヨハネス・ブラームス:ブラームスの歌曲より(朗読付き) 
いかにいますや我が女王 5月の夜 日曜日 ほか
ヨハネス・ブラームス:チェロソナタ第1番Op.38 第1楽章
セルゲイ・ラフマニノフ:チェロソナタOp.19第3楽章
アストル・ピアソラ:アヴェ・マリア  ほか

※プログラムには変更が生じる場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・チケット取扱い
 岡山市立オリエント美術館 086−232−3636
 salon.K 090-3635-3235 (info@salon-k.net)
2018年11月14日
ワグナーの楽劇より前奏曲他
日 時 2018年12月15日(土) 10:30-11:30
場 所 オリエント美術館地下講堂
解 説 宗 恭弘 さん
※プログラムは変更される場合もございます。
2018年11月22日
メンデルスゾーン「ピアノ三重奏曲op.49 No.1」他
日 時 2019年1月12日(土) 10:30-11:30
場 所 オリエント美術館地下講堂
解 説 宗 恭弘 さん
※プログラムは変更される場合もございます。