2017年10月21日
館蔵品展 オリエントの美に学ぶ
会期 2018年12月11日(火)〜次年度 – 11th DEC – the next year

約1万年前の農耕・牧畜開始をきっかけに、最古の文明を育んだオリエントは永く人類文明のトップランナーであり続けました。当館が所蔵する様々なジャンルの美術工芸品から、精神の発達と工芸技術の発達を読み解き、持続可能な発展と美の世界のあり方をひもときます。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日、年末年始(12月28日−1月4日)
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
      7月2日(月)〜7月13日(金)は特別展準備のため休館します。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※小企画展と共通
2018年4月10日
小企画展 カフカズ・ネオリティ-東京大学アゼルバイジャン新石器遺跡調査2008-2015- Qafqaz Neoliti: Excavations of Neolithic Sites in Azerbaijan by the University of Tokyo
ギョイテペ遺跡
アゼルバイジャン
会期:2019年2月5日(火)~4月21日(日) 5th FEB 2019 – 21st APR 2019

農業は今から11,000 年前ころの西アジアで始まり、周辺地域へ広がるとともに各地の社会に大きな変化を起こしました。その変化の一例を、東京大学はアゼルバイジャンでの発掘調査で明らかにしようとしています。人の暮らしの変化がどのように分かるのか。最新成果により解説します。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通
2019年3月30日
小企画展 王の肖像でたどるオリエントの歴史
フスラウ2世の銀貨
600年頃
イラク-イラン
会期:2019年4月23日(火)~6月30日 23rd APR 2019 – 30th JUN 2019

オリエント美術館のコレクションには、人物を描いた作品が多数あります。それらの中には歴史上の人物として特定できるものもあります。本展では、コイン等に描かれた王の肖像を集め、その事績や人物像を紹介しながら、オリエントの歴史をたどります。

●観覧基本情報
 休館日  毎週月曜日
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館。
 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 入館料   一般300円、高大生200円、小中学生100円
       ※20名以上の団体は各当日料金から2割引
       ※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
       ※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通
2019年4月19日
特別展 ミイラと神々-エジプトの来世、メソポタミアの現世-
木棺蓋頭部 エジプト末期王朝時代
古代オリエントの人々は、自身を取り巻く外界を把握し、また自らの想像力を視覚化・造形化するために「見えない世界」をイメージしました。見えない世界を記した文字記録はその記述システムを理解しなければ、単なる土塊や石に過ぎません。しかし、純粋に視覚へ訴える造形物は、異文化の産物であるにもかかわらず、イメージの世界を直観的に受け止めることができます。

本展では、「見えない世界を見る」をテーマに、古代メソポタミア・イランを例にイメージを形にする現世の技術と、古代エジプトを例に人々がイメージした来世の世界へ誘います。浮かび上がってくるオリエントの現世と来世からは、人々が見えないものにイメージを与え視覚化することで、見えない世界を手懐け、あわよくば支配してしまおうとする、人間の本質を追体験することができるでしょう。

●会期
 2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝)
●休館日
 毎週月曜日(7月15日(月・祝)は開館し、翌日休館。8月12日(月・休)、8月13日(火)は開館)
●開館時間
 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

問合せ
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 FAX 086-232-5342
 e-mail orient@city.okayama.lg.jp
2019年4月02日
開館40周年記念座談会「みんなで語ろう オリエント美術館のはじまりとこれから」
開館時のポスター
元館長、建築・設計、美術館・市職員、友の会会員、工芸作家など、オリエント美術館の設立・開館に関わった様々な立場の方々にお集まり頂き、オリエント美術館ができようとしていた頃、できた頃の雰囲気、苦労話、今だから語れるマル秘エピソード、ちょっといい話、語り伝えておきたいことなど、円卓を囲んで、リラックスした雰囲気で思い思いに自由に語っていただきます。

オリエント美術館ファン、ミュージアムに関心のある方々には、ぜひご参加いただき、せっかくなので、一緒におしゃべりしていって下さい。もちろん、聴いているだけでも結構です。

皆様のお話をうかがいながら、40年前のオリエント美術館をとりまく岡山市の様子に思いを馳せると同時に、街に美術館ができる、ミュージアムがある、とはどういうことなのか、参加者それぞれに考えていただけたらと思います。そして、オリエント美術館のこれからについても、皆様の期待をお聞かせいただき、今後の活動の励みにしたいと考えています。

日 時 2019年4月 28日(日)  13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合がございます。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
聴講料 無料
定 員 50名 要申込

※日程、内容が変更になる場合もございます。最新情報は、当館ウェブサイトやブログ、FBページなどでご確認ください。

問合せ・申込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
2019年3月30日
特別講演会 シリア考古学の重要性と文化遺産の保護
北シリアの古代村落群3D画像
シリア考古学の人類史における重要性と日本隊の調査の歴史を概観するとともに、2011年春に勃発したシリア内戦が、人類の遺産ともいうべきシリアの遺跡や文化財に与えた影響に言及します。さらに、考古学者たちがそれをどのように守ろうとしているのか、特に私たちが行ってきたイドリブやシリア周辺国でのいくつかの活動について皆さんに紹介し、シリアの人々の現在の苦悩やシリアの将来を担う若い世代の文化遺産への取り組みについても触れていきます。

日 時 2019年5月18日(土)  13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合がございます。
会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂
講 師 常木 晃さん(筑波大学教授)
聴講料 500円(友の会会員は300円)
定 員 50名 要申込

※日程、内容が変更になる場合もございます。最新情報は、当館ウェブサイトやブログ、FBページなどでご確認ください。

問合せ・申込み
 岡山市立オリエント美術館
 TEL 086-232-3636 orient@city.okayama.lg.jp
2019年04月16日
こどもの日特別企画 オリエンかる太大会
オリエンかる太
オリエント美術館の名品50点がかるたになりました!
その名も“オリエンかる太”!!
当館学芸員監修の下、岡山大学教育学部附属小学校の6年生(かるた作成時、現在中学1年生)と一緒に作ったこのかるた、かなりの出来栄え!
内容も充実しており、本格的なものとなっております。

このかるたの完成を記念して、5月5日のこどもの日にかるた大会を開催します。
参加者にはこの「オリエンかる太」をプレゼントしちゃいます。今のところ非売品なので、ここでしか入手できません!
優勝者には商品もあるかも!?
大人も子どもも、ふるってご参加ください。

日 時 2019年5月5日(日・こどもの日) 13:30-16:00
    ※終了時間は前後する場合があります。
参加費 無料(展示室入場料は別)
対 象 どなたでも ※小学校低学年以下は保護者同伴
定 員 30名 要申込 ※申し込みの際、年齢を教えてください。

<お問合せ>
岡山市立オリエント美術館
700−0814 岡山市北区天神町9−31
086−232−3636
orient@city.okayama.lg.jp
2019年04月11日
オリエン太のアトリエ
オリエントの歴史や文化に関連した、体験型ワークショップコーナー!
時間内であれば、いつでも参加できます。
参加費は展示室への入館料のみです。
小さなお子様でも楽しんでいただけるプログラムです。ぜひご家族でご参加下さい。

プログラム
円筒印章を作ろう!
ヒエログリフスタンプで遊ぼう!  など

日 時 2019年4月20日(土)、5月3日(金・祝)、4日(土・祝) 13:30〜15:30
会 場 岡山市立オリエント美術館展示室内
参加費 無料(入館料のみ)
対 象 全年齢 申し込み不要

※日程、内容が変更になる場合もございます。最新情報は、当館ウェブサイトやブログ、FBページなどでご確認ください。

<お問合せ>
岡山市立オリエント美術館
700−0814 岡山市北区天神町9−31
086−232−3636
orient@city.okayama.lg.jp
2017年1月17日
ギャラリートーク
当館学芸員が開催中の展覧会を皆様とともに鑑賞しながら解説します。

開催予定日

4月27日(土) 14:00〜
5月4日(土・祝) 14:00〜
5月6日(月・振) 14:00〜
5月11日(土) 14:00〜
5月25日(土) 14:00〜


※1時間程度
日 時 2019年4月20日(土) 18:00開場 18:30開演 
出 演 近藤浩子(ヴァイオリン)、沼 佳名子(オーボエ)、小川園加(チェンバロ)
料 金 全席自由/一般3,000円 友の会会員2,500円 大学生以下1,000円
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
J.S.バッハ
 インヴェンションより
 ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 第2番イ長調BWV.1015
シャコンヌ
 パルティータ第5番ト長調BWV.829
 オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ハ短調BWV.1060

※プログラムには変更が生じる場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・チケット取扱い
 岡山市立オリエント美術館 086−232−3636
 岡山シンフォニーホールチケットセンター 086-234-2010
 ONLY BACH実行委員会 090-1254-6056
日 時 2019年4月27日(土) 18:00開場 18:30開演 
出 演 今井 勉(パンフルート、ハイ・バリトン声楽、太鼓他)
    武藤美鶴(ピアノ、シンセサイザー、ソプラノ声楽他)
料 金 大人 1,700円(当日2,000円)
    中・高・大学生 1,000円
    小学生以下 300円
会 場 岡山市立オリエント美術館中央ホール

プログラム
ボレロ(ラヴェル)
パッヘルベルのカノン

My Way
ルパン三世のテーマ  他
※演奏曲目が変更されることがあります。予めご了承ください。

パンフルートをお持ちの方は、当日ご持参ください。
簡単な合奏を皆さんで演奏しましょう!!

チケット取扱い・お問い合わせ
岡山市立オリエント美術館 086 232 3636
2019年04月13日
「ハイドン弦楽四重奏曲作品33」他
日 時 2019年5月11日(土) 10:30-11:30
場 所 オリエント美術館地下講堂
解 説 宗 恭弘 さん
※プログラムは変更される場合もございます。