※画像をクリックすると、チラシをPDFでご覧いただけます。

科学が発達する以前、人びとは世界のはじまりや成り立ちを理解するために神々の存在に思い至り、神々と人間が織りなす物語によって説明しようとしてきました。これを私たちは神話と呼んでいます。現代にまで伝わる古代神話は今でも魅力的です。実際、私たちが親しんでいる現代の小説や映画などにも古代神話とよく似たストーリーのものも多く見られます。古代世界においても現代社会においても神話や物語は、エンターテインメントでもあり、社会的知識や道徳を共有するためのものでもあったと考えることもできます。
 

本展では、ギリシア・ローマからエジプト、メソポタミア、インド、中国、日本にまで至る広大なオリエント世界の神話や物語を、そこに登場する神々や物語の一場面を表現した工芸作品などを展観しながら紹介します。物語を楽しみながら、私たちの暮らしや社会における神話の意味・役割についても改めて考えてみたいと思います。

特別展開催記念

 7月15日(土)〜17日(月) 限定

「神さま缶バッジをつくろう」

エジプト、メソポタミア、インダス、ギリシア・ローマ、中国、日本・・・
各地域の神話に登場する神さまのイラストが描かれた台紙の中から、お気に入りの神さまを選び、缶バッジマシーンでガッチャン!と作っていきます。

7月15日(土)〜17日(月)
10時〜16時の間、いつでも。
料金:入館料 + 材料費100円
対象:どなたでも。
※ただし、缶バッチの材料がなくなり次第終了します。